150人の漁師町 尾鷲市早田町

 

自然が豊かで、ブリをはじめとするたくさんの種類の魚が捕れる早田は、いわゆる「限界集落」。日本の他の地域より速いペースで過疎高齢化、一次産業の後継者不足が進みました。

 

「ふるさとがなくなってしまう」

 

危機感を持った地元の人たちによるまちおこしの活動が、2009年から始まりました。その一つが、地域外の人に1ヶ月間町に暮らしながら漁師を体験してもらう「早田漁師塾」。10年前に1人だった40代以下の漁師は10人を超え、漁師を志す若者の移住を受け入れる町として注目を集めています。

 

早田の人たちも若い彼らを温かく迎え入れ、漁港には活気が戻ってきています。

 

しかし、依然として3人に2人が65歳以上という高い高齢化率は変わらないまま。早田に来てくれた若手漁師と同年代の女性がほとんどいないのです。町には漁業以外の産業はほとんどありません。漁業は漁獲量や相場に左右される「うみまかせ」の不安定な仕事。近年は収益も減少傾向にあります。

三重県地域おこし協力隊
きより

漁師の大事な仕事 網きより

 

漁師が破れた漁網を修繕することを「網をきよる」といいます。海を仕事場とする漁師が、明日の漁に備え、陸の上で行う大切な仕事です。

 

漁師が網をきよるように、人口減少が進む早田に新しいネットワークを紡ぎ出したい。150人しかいない漁村だからこそ、これまで関わりのなかった人たちとのつながりを増やしたい。

そして早田の人たちや自然の魅力、魚のおいしさを知り、興味をもってくれた人が「来寄る」、集まってくる町にしたい。

 

 

そんな思いから、私たちの会社を「き・よ・り」と名付けました。

 

 

漁師がきよるときは、破れた箇所の2つ手前の目からきより始めます。そして2つ先の目まできよるのです。網を強く、長く使うための知恵です。

 

私たちの活動の思いも一緒です。故郷がなくなる前に。次の世代に残せるように。都会から田舎を目指す若者も増えている中、「早田で暮らしてみたい、働いてみたい」と思ってもらうために、まず町を知り、関わってもらえる環境が必要です。「き・よ・り」が町の会社として定着すれば、彼らが二拠点居住、最終的には移住を決めたときに受け入れることができるかもしれません。

 

「きよる」のは、決して都会の早田を知らない人たちだけではありません。早田が好きだけど、本当は住み続けたいけど、仕事がないなどの事情で離れてしまった町出身の人たち。彼らが帰りたいと思ってくれたときに、安心して帰って来られる場所を用意して待っておきたい。そういう願いもあります。

新着情報

早田町のまちづくり

 

昭和30年代に700人近くあった人口も、今では約150人、高齢化率65%。

 

「このままでは早田がなくなってしまう。」

 

危機感をいだいた住民たちが、「少しでも町を華やかに」と荒れた土地へ花を植え始めたところから活動が始まりました。

尾鷲市の中でも特にこじんまりとしていて、山を下った小さな湾に面している早田町に訪れる人は非常に少なかった。町を残すための取組みを進めていた当時の区長は、役所へ相談にいっても「早田ってどこにあった?」といわれてしまうほどだったといいます。

 

そのような中、三重大学と連携交流事業を三重県と主に行い、静かだった町に大学生が訪れます。今まで地元に住んでいた人たちが気づかなかった資源を見つめなおし、町の課題を整理していきました。

 

この町に必要なこと。

 

 

 

「早田大敷の存続」

 

 

 

約20名が雇用されている大型定置網の会社をのこしていくことが、この町の仕事も文化も生活も残していくことだと明らかになりました。

 

しかし、平成18年当時の大敷の乗組員は、22名中16名が60歳以上。若い担い手を確保せねば、10年後の存続も危ぶまれていました。そこで始めた取組が早田漁師塾

県内外からIターンで移住してくる漁師が増え、現在の乗組員20名中20・30代が8人、40代が3人と若い世代の就業が増加しています。

 

一方、漁業以外にも町の活動を担う青年団や婦人会が解散していた早田町では、新しく町の活動を行う団体の結成も行われました。それがビジョン早田実行委員会です。町内の自治活動、早田出身者とのつながりを作りながら、次の世代へいかに故郷を残していくかを課題として取り組んでいます。

 

地区の活動へは地域おこし協力隊も導入。2016年からはさらに追加し、小さい地区ながら2名の地域おこし協力隊が活躍しています。

 

今後、私たち合同会社き・よ・りも早田の存続とこの町の魚・文化を広めていく一翼を担いたいと思っております。