早田漁師塾

早田漁師塾

 

町の存続 = 漁師の存続

 

人口が減少し続けた早田町を存続させるためには、大型定置網漁の存続が不可欠。

そのためには古い考えにこだわらず、これからの時代は地区外の人でも就業し定着してもらう必要がある。そう考えた時に、漁師になりたい若者、就職先を決められずにいる若者と漁師という仕事を繋げることはできないかと考えたことがきっかけで始まった漁師塾。

 

多くの過疎地域同様、漁業の就労人口も年々減少を続けています。特に三重県内では、多様な漁業の基礎知識を学べる場がなく、漁師になりたいと希望しても機会を得にくい状況でした。また、漁業へ就いても生活の基盤を漁村へと移す必要があるため、都会で生活していた人にとっては、生活面でのギャップも問題となり、結局は職を離れてしまうことも少なくありませんでした。

 

 

多くの過疎地域同様、漁業の就労人口も年々減少を続けています。特に三重県内では、多様な漁業の基礎知識を学べる場がなく、漁師になりたいと希望しても機会を得にくい状況でした。また、漁業へ就いても生活の基盤を漁村へと移す必要があるため、都会で生活していた人にとっては、生活面でのギャップも問題となり、結局は職を離れてしまうことも少なくありませんでした。

 

それらの課題を解決するために、早田漁師塾では、

 

・さまざまな漁法を体験して学べる。

 

・漁師になる最低限の知識を学べる

 

・一か月に及ぶ住み込み研修で、漁村での生活も体感できる。

 

といった特徴を持っています。

 

時期は毎年11月頃。

毎回数名の少人数体制でしっかりと目の届く研修を受けることができます。

新着情報