魚を一週間、冷蔵庫に放置してしまった。どうしよう…


カンパチ

(生前のカンパチ)

漁師町に住んでいると魚が次から次へと手に入って処理しきれなくなってきます。

僕の場合、毎日丁寧に処理するということが苦手なため、定期的に残飯ならぬ残魚処理 Day がやってきます。

今日は、カンパチ、シマス(ヒラスズキ)、ヘダイ、グレ(メジナ)をやっつけていきます。

カンパチ 二枚おろし

(カンパチの二枚おろし)

こちら。水揚げから8日目のカンパチです。

半分はすでに食べてしまいました。

その残りを冷蔵庫に入れ、そのまま放置していました。保存状態も決して良い方ではありません。

どうするか。

刺身で食べます。

魚によって、保存のきく期間が変わってきます。サバを一週間放置していたら、アウトでしょう。

幸いなことに、今回はカンパチなので安心です。

むしろ安心していたら、一週間以上放置してしまっていました。

こうなることを予想して、写真のように二枚おろし保存しておきました。

実際に食べる部分が空気に触れないため、三枚におろすより鮮度を保っておけます。

さばくとご覧の状態。特に問題なさそうなので、予定通り刺身にします。

(途中で切り方を変えたので、刺身の向きが逆になってしまいました…)

おつぎは、シマス。

本名は「ヒラスズキ」です。

普通のスズキは夏が旬ですが、ヒラスズキの旬は冬。

ヒラスズキ

水揚げから3日経っています。こちらはさらに保存状態が悪いですね。

都会のスーパーであれば、(保存の仕方はもっと良いですが)だいたい3日目くらいが普通ですね。

これも刺身にします。

が、こちらは表面が変色してしまっています。 こんな時は、表面をそぎ落としてしまいましょう。

ヒラスズキ

中はきれいです。

テレビなどで見る熟成肉。あれらも表面はそぎ落とすので、同じイメージでしょう。

刺身三点盛り

(奥から、カンパチ、シマス、ヘダイ)

最後に3日目のヘダイを添えて、刺身3点盛りになりました。

カンパチのしゃぶしゃぶ

(皿を買わずにトレーですます… ズボラの成せる業です。

カンパチは量が多いので、ブリしゃぶのイメージでカンパチしゃぶにしました。

隣のぶつ切りはなますのイメージで酢と砂糖であえましたが、失敗です。

記憶から消去することにしました。

刺身としゃぶしゃぶ。

これらで1人分です。

(魚なますのようなものは記憶から消えています。)

当然、食べきれませんでした。

食べきれなかった分は、改めて保存用にしましたが、それはまた次回。

今回登場していないグレも、また別の回にて。

刺身は熟していて悪くない味でした。シマスはやっぱりおいしい!

(もうちょっと脂がのってくるはずですが。)

#ヒラスズキ #ヘダイ #グレ #保存方法 #冬が旬

特集記事
最新記事