鯛の鯛

本日は潮が速く、漁がありませんでした。

先日、揚がったヘダイ、尾鷲ではマナジと呼ばれる事もあります。

尾鷲は、大体標準名称とは別に、違った呼び名が存在します。 

例えばカワハギはハゲって呼ばれたり、ハタはマスって呼ばれたり… 尾鷲に来たら、一つの標準名称だけ覚えるだけだと、話が??ってなる事も多々あります。 その辺まだまだ慣れていません。

ということで、そのマナジを本日は塩釜焼にしてみました。

まだ、すこし脂が少ない感じはしますが、身はしっかりとしています。 今はソテーとか、ムニエルにするのがよいかな?と思いました。 これからどんどん脂がのってくれば、塩焼きや刺身がよく合うようになるでしょう。

鯛の鯛と呼ばれるものを知ってますか? 胸鰭の付け根の骨に魚型の小さな骨があります。 

この骨は、どんな魚にもあるようです。 アジでもサバでもあるので、アジのアジ、サバのサバなんて言われるようで、それを集めている人もいるそうです。

お子さんのいる家族では、焼き魚を食べるときに一緒に探してみてはどうでしょうか?

うみまかせも発送を開始しております。 よろしければ応援お願いします。

来週の日曜日(11日)は、朝津味さん(12時~)とベルファームさん(14時~)から鮮魚の販売予定です。 安定的に提供できそうなのは、アジ・サバ・ムツでしょうかね。 何かこんな魚を持ってきてほしいというご要望があれば、連絡いただけると嬉しいです。

あっ!「うみまかせ」の発送も始まりましたので、そちらの方もよろしくお願いします。

塩釜焼、少し脂が少ないかな? なので、身の締まりが強くて、ちょっと固いイメージですね。 今はもう少し油を使った料理が合うかもしれません! ヘダイはこれからが丸々してきますよ!

鯛の鯛こんな骨がそれぞれの魚の中にあります。 お子さんと探してみましょう! 他にも魚には、耳石という骨もあり、年輪のように成長するため、よく観察すると、魚の年齢がわかります。

うみまかせの発送がはじまりました。 今回はツムブリといった、ブリのような大型魚が揚がりました。 鰤に比べると淡白ですが、流通には乗りにくい魚です。 こういった魚をお送りしていきたいと思いますが、そこは「うみまかせ」その都度、都度で構成を考えさせてください。 m(__)m


特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

〒519-3702 三重県尾鷲市早田町6番地3

​TEL : 0597-31-0260

Email: amikiyori@gmail.com

 

合同会社き・よ・り

(C) 2016 KIYORI LLC.