魚と文化 ムロアジ


アカゼ ムロアジ

ムロアジです。

尾鷲ではキムロやキンムロと呼ばれます。

尾鷲の中でも特に九鬼・早田ではアカゼと呼ばれています。

足が早く、一般的には流通しにくい魚ですが、なんとこのあたりでは大きさによって呼び名が変わる出世魚です。

出世魚といえば、ブリが有名です。

このあたりでは、

「モジャコ」→「ワカナ」→「ツバス」→「ハマチ」→「ワラサ」→「ブリ」

さて、アカゼは大人の呼び名。

小さいうちは「キンカン」と呼ばれます。

キンカンは開いて干物にされたりします。

秋頃の太ったアカゼになると、刺身が最高!

流通に乗りにくいため、普通のスーパーや飲食店で食べてもらえないのが残念です。

アカゼの刺身

しかし、一般的な認知度は低くても、早田では出世魚になるくらい親しまれた魚。

こんな隠れた逸材も、産地直送の通販「うみまかせ」移動販売でみなさんにお届けしていきます。

#アカゼ #キンカン #ブリ #ミズムロ

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square